泉州の学術・文化・産業の進展、郷土史再発見!

MENU

泉州標準語実践編 No7「日根野荘のサイト時々楽しみながら読んでおります。」

(2001/6/25)

日根野荘のサイト時々楽しみながら読んでおります。No7


 

小生実は日根野のもんなのですが、在宅でCADを使って図面を描く仕事をしています。打ち合わせの他は納品も

 

データをメールで送信していますので、1日中PCの前に座りっぱなしという不健康極まりない生活です

 

(^^;日根野のときは現場カントクをしていたので、それなりに走りまわっていたのですが、

 

今はすっかりハラにニクがついているもうすぐ35歳です。

 

 

日根野出身の東京からいただきました。ビジネスで疲れた頭の安らぎに!
kissy殿、ありがとうございます。


 

—– Original Message —–
From: “Kissy”
Sent: Wednesday, June 06, 2001 12:35 PM
Subject: はじめまして
渡駒誠 様:
はじめまして。日根野荘のサイト時々楽しみながら読んでおります。
小生実は日根野のもんなのですが、在宅でCADを使って図面を描く仕事をしています。打ち合わせの他は納品もデータをメールで送信していますので、1日中PCの前に座りっぱなしという不健康極まりない生活です(^^;日根野のときは現場カントクをしていたので、それなりに走りまわっていたのですが、今はすっかりハラにニクがつ
いているもうすぐ35歳です。
現在小生の住んでいる場所(東京都文京区)は昨年の11月ごろからADSLがひかれたのでソッコー導入しました。で、仕事に飽きたときはネットサーフィンしているのですが、貴ページも楽しんで読んでいます。特に標準語は普段使ってた言葉が散見されて懐かしく見ております。
先日、「そーゆーたら『のつこつ』ってよーゆーてたな?」と思いました。例えば、おとーさんが子供に「ご飯残さんと食べいよ」と言われ、子供が今にも吐きそうな顔をして食べている・・・そんな状態を『のつこつ』と言ってたと思います。渡駒誠さんは聞いたことありますか?もし、「あ、そうそう」と思われましたら、標準語の端に加えて頂けたらと思います。
最後になりますが、貴ページの益々のご発展をお祈りしております。
ハンドルネーム:Kissy

 


【後記】

日根野から東京!、同じような方々が、全国各地(世界?)に。

たまには、帰ってきて下さいね。

『のつこつ』

あ、そうそう、そんな言葉も使っていました。

渡駒誠


COPYRIGHT (C) 2001 Makoto.Ohtsuya 1961 


 

日本遺産ポータル日根野荘園
  • facebook
PAGETOP
Copyright © OHTSUYA.MAKOTO 1996 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »