泉州の学術・文化・産業の進展、郷土史再発見!

MENU

泉佐野市民大学2000【ひろがる IT・情報化社会】(ニュース版)

 

NPO りんくう フォーラム

 


 

2000年6月20日

 

泉佐野市民大学


【ひろがる IT・情報化社会】

 

連絡先 [部署名] [名前] 電話 [電話番号] FAX [FAX番号]

 

 泉佐野市立生涯学習センター(公民館)で実施する、日曜日開講の泉佐野市民大学の 内容をお知らせいたします。一般の方は、もちろん、教師などの教育関係者、ビジネス マンやSOHO、パソコンショップや教室、ソフト会社、個人事業者などなど、これら 21世紀を考えている方々に、満足のゆく、内容となっていると思います。  おりしも、森首相が、IT担当国務大臣を検討している旨の発言(6月19日尼崎市 にて)もありましたが、新聞/テレビ/雑誌などを見ても、ITの文字が出てこない日 は、ありません。それだけ、言葉だけが先行しているのではないかという発言もありま す。また、今回の予算措置で、IT関係に100億円をつぎ込む話も出ておりました。  そういう時期だからこそ、IT(情報技術)/マルチメディア/インターネットなど こういった武器を、どのようなものなのか探求もし、どう使うのかを学習し、それらの 武器を、どう生かしていけるのか模索する、そんな時期がきたものを確信します。  今や、IT革命が起ころうとしています。いやもうその革命が進んでいます。そして 時間/場所を気にせずにすみ、簡単に利用できる世界を作り出している、そんな現在。 このITが、身近な生活の場や教育現場・職場など、あらゆる場面に入り込もうとして います。  良い事ばかりではありません。情報を取り扱うということですから、個人の利用方法 個人の情報に対しての考え方を、しっかりと持たなければならない時期でもあります。 千差万別という言葉がありますが、ITに携わる我々には、一種のルールも遵守する事 についても、この大学を通して、言及していきたいと考えます。  この市民大学で、IT/マルチメディア/インターネット等といった情報の一端だけ 垣間見ていただくことで、今後あらゆるところで役立つことでしょう。  今回取り上げるテーマは、以下の8個に限りました。 1.電子情報社会の幕開け 2.デジタル革命のツールたち    ( 情 報 武 装 す る ビジネスマン ) 3.デジタルコンテンツ産業到来 4.デジタルコンテンツ事始め    日本最初の実写映像ゲーム制作悪戦苦闘記 5.電子商取引と電子マネー 6.電子化する行政書類       ( イ ン ター ネ ッ ト 申 請 ) 7.電脳社会でのエチケットとモラル (電子メール や ホームページ と 人権) 8.情報化社会での、ものの見方考え方  細かな日程、申し込み等については、7月1日の泉佐野市報もしくは、下記アドレス をご覧ください。

 

http://izumisano.org

 

 付記  泉佐野市民大学の概要 日  時 : 2000年 7月23日(日)から全8回の日曜日(8月13日除く)        午後1時30分〜午後4時 場  所 : 泉佐野市立生涯学習センター 講座室 定  員 : 30名(先着順) 対  象 : 市内在住・在学・在勤者の方 受講費用 : 2,000円 申し込み時にお支払い下さい。 講  師 : 行政書士や企業の専門家 申し込み : 7月8日(土曜日) 午後9:00より事務所窓口で受け付けます。 問合せ先 : info@rinku.org  (NPO りんくうフォーラムまで) 会場・施設の問い合わせは泉佐野市立生涯学習センターまで     手話通訳・保育希望の方は、申し込み時にお伝えください。     生涯学習センターの休館日は、月曜日・祝日です。 企画後援 : NPO りんくうフォーラム     りんくうフォーラムは、IT系として泉州初の特定非営利活動法人です。     ホームページ:http://rinku.org/

 

PAGETOP
Copyright © OHTSUYA.MAKOTO 1996 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.