泉州の学術・文化・産業の進展、郷土史再発見!

MENU

泉州標準語実践編 No6「読んでてうれしなってきて思わず」

 

(2000/11/03) 泉州標準語 番外【落語】

>>> 泉州標準語実践編 No6 <<<

読んでてうれしなってきて思わず


 

私は東京に出てきてもう7年目になるんですけど生まれも育ちも岸和田です。

 

……(中略)…..

 

言葉のオンパレードで読んでて、うれしなってきて思わず仕事中にメールしてしまいました。

 

 

東京からいただきました。ビジネスで疲れた頭の安らぎに!
そして、情報提供もお願いします。
aki殿、ありがとうございます。


 

—– Original Message —–
From: “aki”
To: 日根野荘園
Sent: Tuesday, October 30, 2001 5:18 PM
Subject: なつかしわぁ〜。
突然のメール失礼します。
私は東京に出てきてもう7年目になるんですけど生まれも育ちも岸和田です。
たまたま貴方のHPを見つけたんですけど、よー調べてますね。
東京に出てきてすぐの頃は使ってた言葉も通じへんっちゅう理由から、ぜんぜん使わんようになってもうて・・・。
そんな言葉のオンパレードで読んでて、うれしなってきて思わず仕事中にメールしてしまいました。
ところで、「ちょう」という言葉なんですけどこれは載ってなかったと思うんで書いときます。
「ちょっと」という意味で使うと思います。
使い方は「ちょう待ってーや」で、「ちょっと待ってくれ」といった感じやとおもうんですけどどうですか?
後、小学校の時に近所のおっちゃんの家に遊びに行ったときに晩飯よばれて、食ってるときにお茶をこぼしてもうて、おっちゃんに「てきゃー、なにてんなぇ」と言われたのを覚えています。
訳すと「お前、何やってんだ。」あたりだと思うんですけど、少なくとも同世代では「てきゃー」なんて使わなかったんで詳しくはわかりません。
なんか情報もってたら教えてください。
最後にもう1つ
東京に出てきて一番通じなかったのが「さげる」という言葉です。
もちろん動詞として使うんですけど、(関東の)知人と協力して重いテーブルを持ち上げるときに、当時の私はごく自然にその知人に「そっちの端からさげて」といいました。
もちろん意味は「そっちの端から持ち上げて」だったんですけど、知人は一瞬、固まってました。
岸和田に住んでるときは、あたりまえのように使ってた言葉なんで、たぶん泉州弁だと思うんですけどね。
まぁ、こんなとこですけどお役に立てましたでしょうか?
これからもちょくちょく貴方のHP読むと思います。
私のように日々の仕事に追われて故郷を忘れてしまっている人達の為にも頑張ってください。

 


【後記】
「ちょう」は、いろいろな方から、言われ、催促されていました。
 更新をかなり、サボっております。ご迷惑をおかけしています。(????)
 でも、メールありがとうございます。

「てきゃー」は、私も、ようわかりまへん。
 誰か情報のご提供をお願いします。

「さげて」そうそう、
 確かに、言います。気づきませんでした。

渡駒誠

COPYRIGHT (C) 2000 Makoto.Ohtsuya 1961 _1996/11/12

日本遺産ポータル日根野荘園
  • facebook
PAGETOP
Copyright © OHTSUYA.MAKOTO 1996 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »