泉州の学術・文化・産業の進展、郷土史再発見!

MENU

大阪落語 『 たばこの火 』2

(1999/3/20)/
/歴史館いずみの/−佐野の食野(めしの)家が登場する落語−/

大阪落語 『 たばこの火 』

いや決して嬲(なぶ)るのやない。往く先がないのや注意

『アア左様(さい)でごわすか・・・相棒しっかりしてて呉れよ。おかしい具合やでぇこら・・・

旦那(だん)さん、往く先も決めないで、そらえらい難儀だすがナ。』

アハハ・・。まあええがナ。何処までも往くと云はしゃったに依って乗せてお貰い申した。

まっ、歩いてタラどうにか成ろうかい。』

『そんなじゃらじゃらした事。・・・大体そんなら、何をしに歩いてござったんで・・・』下へ

(上に戻る

えろう気になると見えるナ。実は何しに来たと云ふ考えもないのぢゃ。

ただ退屈紛れに今朝早う、和泉の佐野から堺まで駕で来ましたのぢゃが、乗り草臥れた(くたびれた?)ので駕を帰して、
住吉まで歩いて来た処を、あんた方に呼び止められて、何のあても無しに乗ったまでぢゃ。

しかし駕屋さん、大阪には立派なお茶屋さんが仰山(ぎょうさん)にあるさうぢゃナ。』

『そりゃもう、大きなお茶屋は沢山にございます。新町の吉田屋、北陽(きた)の錦富なんどと申しましたら、
中々有名な物で、ヘエ。』

そんな家では、知(し)らん者(もん)は遊ばさんのぢゃろナ。

『大茶屋は一現のお客さんは皆断ります。が若(も)し旦那(だんな)がお越しに成ろうとお思ひでござりましたら、
錦富の女中頭、お富どんと云ふ人と心易うして貰(もろ)うてますよって、錦富なら御案内申します。』

こんな田舎親爺でも遊ばして下さるかナ。

『へーえ。そらもう旦那(だん)さんの御人体(ごじんてい?)でおましたら、決して粗略にはしや致しまへん。』

そんなら、その錦・・富かナ。それへ連れて往て貰ひませう。

『ヘイ承知を致しました。相棒北陽(きた)やで』

『やれやれ?う往く先が出来(でけ)た。』

『気楽なお方やなア。そんなら旦那(だんな)、一つ走らせて貰ひます。』

アアコレコレ。別に急ぎやせん。そんな無理を(し?)なはんな。

(上に戻る)        次頁へ

注意:私は、落語家でもなく文学者でもない者です。(上に戻る

そんな人間が、泉州の事を知っていただきたい一心だけで、この落語をご紹介しています。

ですから、語句の間違いもあるでしょう。また、意味も分からない語句もあります。

その辺り、ご理解の上、お読み下さい。

この辺り、わかる方がおられましたら、是非、メールにてお知らせ下さい。

「草臥れた(くたびれた?)」(上に戻る

この語句の読みは、正しいでしょうか。

「御人体(ごじんてい?)」(上に戻る

この語句の読みは、正しいでしょうか。


『食野家関係史料』より

COPYRIGHT (C) 1999 Makoto.Ohtsuya 1961 from_96/11/12

 

PAGETOP
Copyright © OHTSUYA.MAKOTO 1996 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.