渡駒誠(1998/9/14)

kanrin_s.gif (38533 バイト)『咸臨丸』 −1998年夏−

復元船、咸臨丸(かんりんまる)に乗船してきました。幕末1860年に勝やジョン万、福沢そして小栗を乗せ、太平洋を渡ったあの蒸気帆船です。

第一印象は、「こんなちっさい。これで、ほんまに渡ったんか?」と。

今回、私がなぜ乗船できたかは、泉佐野市市制施行50周年行事で「市」が、この船を現在所有の「ハウステンボス」から呼び寄せてくれたからでした。(私の為に?)

[ハウステンボスの「咸臨丸」情報はこちらをクリック]

KANRIN_1.jpg (19298 バイト)

泉佐野港に入る「咸臨丸」

1998年8月29日(土曜日)
午前9時ごろ泉佐野港に妻と二人で到着する。このとき、市長のテープカットセレモニーが、静かに始まっていました。
(アメリカのような度派手さは、まったく見られません。地味です。)

KANRIN_2.jpg (17134 バイト)

受付で、記念品をいただきました。おおきに!。
(咸臨丸絵はがき、「咸臨丸と市制50年の入った」ミニタオルとキーホルダーです。)

さて、乗船。しかし、いきなり「ご来賓」から乗せ始めました。
横でぽつり。「何か変。順番間違ごうてんちゃうか?」

BGMに『タイタニック』の曲が、流れていました。
先日、見た映画なので「船」の気分へと誘ってくれます。

航海(関西国際空港の横を遊覧ですが。)は、約1時間半です。
昨夜からの台風で心配していましたが、雨もなく、少し曇っていて暑くなく、海風も心地よい、お天気でした。

KANRIN_4.jpg (7712 バイト)

KANRIN_3.jpg (12082 バイト)

KANRIN_5.jpg (14934 バイト)



船の材質は、木材を利用し重厚です。扉も重々しく「いい感じです。」

室内を見学すると歴史写真が、各所に貼ってあり、幕末にタイムスリップしたような気分にさせてくれます。

各部屋にも人物写真が、貼ってあり、これは、「勝海舟の部屋」等を感じさせていました。

運営に市役所の人や議員の人も乗っておりましたが、演出をもう少し考えて、どなたか羽織袴で乗船してほしかったですね。

関空を海から見たり、真上の空には、飛行機が轟音をたてて飛んでいました。
船上では、ハウステンボスアトラクションの帆を貼ったり、ロープ結びや帆に登ったりと披露していました。見応え充分です。

時間は、「あっ」という間に済んでしまいました。

[ご留意] 写真は、私のカメラ(BAKACYON)で撮影しました。
掲載につきましては、ハウステンボス殿に問い合わせ、了承をいただいております。




渡駒誠トップ 日根野荘園 標準語一覧表 好奇心 好奇心内容 パソコン活用 情報源

COPYRIGHT (C) 1998 Makoto.Ohtsuya 1961 from_96/11/12