生息地 和泉の国(泉州)日根野荘園 1997/08/01_1996/10/1

約七百年前の開発絵図資料でわかる日根野へようこそ!

  和泉国日根野村 荒野開発絵図  和泉国日根野村・井原村荒野開発絵図
宮内庁書陵部所蔵(転載厳禁)宮内庁書陵部所蔵(転載厳禁)
  詳しい内容は、「歴史館いずみさの」を訪問して下さい。


五百年前の資料で生活が、わかる日根野へようこそ!
 詳細は、「日本の歴史」11巻 戦国大名  著者:杉山 博
     「村の姿」(P284-P308)/中公文庫/ をご覧下さい。

 前関白九条政基(まさもと)の日記『政基公旅引付(たびひきつけ)』を解説。
  (本文抜粋)政基所領の和泉国日根野荘へ下向して、文亀元年(1501)から永正元年(1504)
        までの荘務を司った四年間の記録である。

 人って、ほとんど、変わってないかも? しれまへん。



泉州マップ

他のマップへは下記をクリックするか、マップ上をクリックして下さい。(クリッカブルマップ仕様)
周辺マップ [JR日根野駅小中学校日根神社上之郷IC] [日根野荘] [和泉の国]



◇□泉 州 標 準(語)□◇ かな?


□共 通□

一、
語句の最後に「け」「な」「じょ〜」「よ〜」「〜しぃ」が、良く付きます。
ちょっと変った語尾に「XXX、ほんま。」やたらとくっつける人がいます。
例:「〜〜しょうけ。」−>「〜〜しましょうか。」「いやじょ〜」
「あのよ〜」「おまえよ〜」「そやしぃ」「〜しちゃら」
二、
他から来た人には、「けんか」しているような会話に聞えます。
三、
自分のこと(特に失敗)などは、誰にでもわりとオープンに話します。
悪く言えば「村社会」的に近いです。
四、
冗談の会話の中に、「ほんね」や他から来た人には「相手に言ってはいけない」と感じるような事を喋っています。まっ、それが、日常茶飯事です。
五、
名字の最後に「谷(や)」の付く、ほとんどの人が、地元(昔から)の人です。
例えば、大阪谷さん、日根野谷さん、熊取谷さん、古谷さん、新田谷さん、馬場谷さん、袋谷さん、貝塚谷さん、佐野川谷さん、・・・・・。
六、
一風変った名字:成願さん、仏願さん、大善さん、黒さん、根来さん(根来衆の末裔?)、目(さがん)さん、射手矢さん・・・・・・など。

 泉州標準語実践編「まあ、皆さん、聞いて下さい」のページも(左文字をクリック)
 ご覧下さい。

□単語、ことば□

一覧も御覧下さい (アイウエオ順:文字をクリックして下さい)


COPYRIGHT (C) 2005 MAKOTO.OHTSUYA 1961